プチうつ病にも注意しておきましょう

うつには様々な種類がありますが、その中の1つがプチうつ病です。これは普通のうつ病に「プチ」という言葉がついたものですが、この2つはどう違うのでしょうか。

この症状は、正式には非定型うつ病と呼ばれており、主として20から30代の女性に多く見られます。その一方で、最初にプチという名前のないものは、大うつ病と呼ばれています。これら2つの症状の相違ですが、一般的なうつは、ほぼ毎日といってもいい程うつ特有の症状が現れるのが特徴です。それに対してプチうつ病は、毎日うつ症状が続くわけでなく、1日の中である時間帯だけうつ症状が出るのが一般的です。例えば、日中は健康な人と変わりないのに、夜間になると気分が落ち込み、憂鬱になるなどの特定の症状が出てくるのが特徴です。

一般的に、頭にプチの名前が付いているので症状自体は軽いというイメージを抱きがちですが、必ずしもそうとは限りません。名前の頭にある「プチ」ですが、その症状が重い、軽いというわけでなく、うつ状態を感じる時間帯が短いことを意味しています。これはつまり、実際の症状が出てくる時間帯が、大うつ症状と比べて短いだけであって、内容自体は変わらないということです。