うつ病の体の症状

うつ病の体の症状

うつ病には心と体の症状がありますので、それぞれについてその状態を把握することが大切です。ここでは、うつ病で現れる体の症状について説明します。

うつ病で現れる症状は1つだけではなく、様々な症状が出てきますので注意しましょう。身体に現れる症状としては、眠れない、頭痛、食欲不振などが典型的です。また、そのような症状が出てくるのにもかかわらず、病院やクリニックなどで様々な検査を行っても、その原因が分からないことが多いのが特徴です。これら身体の不調の他にも、毎日楽しくない、何をしても面白くないなどの症状がある場合は、早めに専門クリニックなどで相談することが大切です。

体に出てくる症状は次の通りです。睡眠の異常は、良く眠れなかったり早く目が覚めることが多かったり、夜中に何回も目を覚ますこともあります。また、何時間眠っても寝た気がしないなどの症状もあります。食欲の低下は、毎日食欲が湧かなかったり、何を食べてもおいしいと感じなかったりすることがあります。その他にも、食べるのがとても億劫になったり、過食になって体重増加が気になったりする人もいます。また疲労や倦怠感については、いつも身体がだるかったり、疲れがなかなか取れなかったりするなどの症状があります。以上の症状がある方は注意しておきましょう。

最新のお知らせ

  • [2018年08月06日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年08月06日]
    運営者情報を追加しました。